FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST

こんばんは


2月の最後にやってきた春雷を超え、ようやく春がやってきたような毎日です。

ストーブの出番は日に日に少なくなってきていますが、まだ寒い日も時々あるようなので、仕舞うわけにはいかず、このまま出番がないことを祈りながら毎日過ごしています。



先日のお休みの日に一年に一度の大切なお仕事である確定申告に行ってきました。ギリギリになってしまうことも以前はあったのですが、今回は3回目という事で慣れてきたからか早めの準備と早めの行動で無事に終了しました。人もそこまで多くなく、待ち時間も少なくストレスなく終えることができました。



せっかく鎌倉駅まででかけたので、久しぶりに小町通りをぶらぶらしてきました。

小町通は鎌倉駅から鶴岡八幡宮まで続く商店街でたくさんのお店が連なっています。当然、たくさんの観光客の方たちが練り歩いていて、食べ歩きを楽しんだり、買い物を楽しんだりしています。


腰越とは人の密度が全然違い、若干人酔いしそうになりましたが、にぎわっている町の通りはどこか新鮮ですし、たくさんのお店を眺めたり、メニューなどを見ながら、少し勉強もしてきました。僕はあまり腰越から出ることのない暮らしをしているからか、他の飲食店の事を知らず、時々こうやって出てくるととても勉強になりますし、刺激ももらえます。


腰越珈琲としては変わらない魅力を失わないようにと思っているのですが、手が届く範囲で新しいメニューや盛り付けなども挑戦していきたいなと思っていて、とても勉強になります。人気店にはやはり人気の秘密というか努力や創意工夫があふれていますね。



IMG_20180226_141005_1920x1080.jpg


腰越に戻ってきて、前々から狙っていた平勝さん(お魚屋さん)が出している海鮮丼を買ってみました。さすがお魚屋さんがやっている内容だなというフレッシュな刺身と文句なしの酢飯で仕上がっている海鮮丼はお値段600円(税込み)。とってもお得感があるランチになりました。完全にお勧めです!




休日があるとウサギのモコとの時間も取れるので、久しぶりにのんびり過ごしました。


IMG_20180221_013118_1920x1080a.jpg


うちのウサギは以前にもブログで書きましたが、炬燵にどっぷりハマっています。自ら入り込んでベターっと寝そべっていたりするのですが、先日ふと見たら、人間同様の炬燵の使い方をしていました。お尻だけちょこっと炬燵に入ってゴロゴロしている姿は自分を見ているようで変な気分でした。




IMG_20160214_155632.jpg


腰越珈琲は3月14日(水)から22日(木)まで長期休暇をいただきます。サイパン時代の後輩が結婚式を挙げることになり、招待いただいたので参加してきます。2014年の7月に日本に帰国して以来なので、3年8か月ぶりのサイパンになり、楽しみです。グアムにも寄ってくるつもりなんですが、目的はサイパン時代に一緒にたくさん過ごした犬たちに会うためです。人間はバケーションなどで日本に帰ってこれますし、腰越に顔を出してくれたりもできますが、犬たちはなかなかそういう訳にもいきませんので、こちらから会いに行こうと思っています。


スポンサーサイト





先週の日曜日、暇だったのでノープランで車にガソリンを満タンにして腰越に向かいました。近くに着いたら電話をして道順を聞こうと思ったんだけど、横浜を過ぎたあたりからエライ渋滞で、それでもどうにか熱海付近まで行ったんだけど、携帯のバッテリー切れで住所も電話番号も分からずあえなくUターン・・・。久々のロングドライブでした。車にカーナビが付いていないので次回は地図をプリントアウトしてまた再挑戦したいと思います。












【2018/03/04 11:43】 URL | #-[ 編集]

浜さん
 大変ご無沙汰しております。
 近くまでお越しだったんですね、飛び越えて熱海とはさすがの行動力ですね。

 お店に関しては腰越駅から徒歩1分ですので、駅周辺で地元の人にでも「珈琲屋どこですか?」と聞いていただけたら、皆さん優しいので誰でも教えてくれると思います。

 駐車場は近くにいくつかコインパーキングがありますし、17時までの駐車なら腰越漁港の駐車場が500円でお得です。漁港は134号線沿いなので分かりやすいかと思います。

 暖かくなってきて、海風も気持ちいいのでまたいつでもお越しくださいね。ちなみにもうすぐシラス漁が解禁になります。
【2018/03/06 00:18】 URL | JUNJI #dZ8n7Uo6[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 湘南腰越・珈琲日記, All rights reserved.