ADMIN TITLE LIST
こんばんは


今日もとても暖かい日でした。
暖房ももうすぐ必要としなくなりそうですね。
波は毎朝チェックしてますが、立たず・・・。
しかし、波乗りを再開したおかげで
毎朝6時に目が覚めます。いい傾向です。

代わりに釣りに行きましたが、またまた釣れず。
才能の欠片も自分には感じませんが、
朝の頭の体操にはちょうどいいです。


今日は最近読み終えた本のご紹介を。
スポーツ雑誌のNumberで連載されていたものを
一冊にまとめたものなんですが、
矢野大輔さんという方の本で
「通訳日記 ザックジャパン1397日の記録」です。


20150323_184239.jpg


2010年に監督就任してから2014年の6月まで
サッカー日本代表の監督を務めたイタリア人監督
ザッケローニさんの通訳を4年近く務められた方の
日々の記録になります。

通訳のお仕事はもちろん
(この場合)イタリア語を日本語に訳して、
監督の言葉を選手に伝えること。
それとは逆に選手の言葉を監督に伝えること。
またはメディアに対しての通訳なども含まれます。


しかしながら、サッカー日本代表ともなるとただの通訳ではなく、
まずサッカーを知っていなければ務まりません。

彼は15歳でイタリアでプロのサッカー選手になろうと
親元を離れ海を渡って努力したのですが、
結局トップチームには行けませんでした。
それでも当時イタリアに移籍した選手の通訳なども務めたそうです。


日本代表はご存知の方も多数いらっしゃるでしょうが、
ワールドカップでは予選リーグで敗退し、
皆が望む結果は得られませんでした。

それでも、次のワールドカップへの戦いは
すでに始まっていて、現在は新しい監督のもと
新チームが結成されています。


20150324_102636.jpg


その新しいチームで僕が期待しているのが
ガンバ大阪の宇佐美選手。
この本でも2011年の時点でザッケローニ監督は
宇佐美選手にかなりの期待をしています。


当時、ニュースで流れていた内容とは違う
チーム内のいろんな話や監督の選手選考、
選手たちの思いや不安や努力が、
選手の言葉や監督の言葉も用いて書かれていて、
今知って納得することや考えが変わることもありました。

言語は心がしっかり乗ってこそ相手に伝わるのでしょう。
本文中にも言葉や言い回しへの気づき等も書かれています。
サッカー好きもそうじゃない人も是非一読してもらいたいです。

サッカーの内容の部分は少しマニアックですが(笑)


本の中で印象的だった事を1つご紹介します。
イタリア人監督のザッケローニさんは日本の事、
日本の文化や人や食べ物やサッカーへの愛情を
本当に尊敬しており、日本を離れたら次はどうしよう・・なんて
悩んでいたそうです。


20150324_191207.jpg


これこそ日本人としてとても嬉しい事です。
行ってみたい国、買い物したい国もいいんですが、
海外の人たちに「この国を離れるのが惜しい」
「もうこれ以上の暮らしやすさはないんじゃないか」
なんて思われるのは、誇らしいなと思いました。

もちろん僕は監督に何もしてないんですけどね(笑)


実は明日新しいハリルホジッチ監督体制での初試合があります。
久々の代表戦。本を読んだ後だし、かなり楽しみです。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 湘南腰越・珈琲日記, All rights reserved.