ADMIN TITLE LIST
こんにちは


大阪での生活もあと1週間ほどになりました。
新生活に向けて、やらなければいけないことを1つずつこなして暮らしています。
冬になってきていますが、寒さの他にも空気の乾燥に驚いています。

どういう事かと言うと、例えば、朝目覚めたら喉が痛い。
風邪を引いたかのように乾燥でカラカラになっているんです。
そんなの当たり前だと思われる方も多いでしょうが、
サイパンの様な、年中湿度が高い島で10年も暮らしていると、
乾燥した空気が存在すること自体をすっかり忘れていました。

日本で暮らすにあたって気をつけること・・・なんて
頭でいろいろ考えていても、覚えていないことや考えもつかないことなど
まだまだたくさんあるんだろうなと思います。


20141117_204659_resized.jpg


人間の言葉も話せず、犬や猫のように鳴き声などでアピールできず、
冬を一度も経験したことのないサイパンウサギは
今の所、健康そうですが高齢にもなってきていて少し心配になります。

***********

帰国してこれまで日本国内の色んな所を訪れました。
有名な観光地や知人のおすすめの隠れスポット的な場所などなど
南の島にはない景色や建物や人間味など、
その場所場所で日本の良さをたくさん感じることができました。


10年海外にいた人間にすれば、普通の街並みや
公園や神社の木々や森林や道端で咲いている花。
目を向けると素晴らしいものが周囲にあふれているようにも思えます。
日本らしい素敵な景色もたくさんありますね。


20140926_160558_resized.jpg


しかしながら、都会化が進んでいて、その土地らしさが
微妙に失われているように感じる場所なんかも見られますね。
大阪だって、東京のマネしてるだけじゃないの?っていう場所もありますし、
その土地らしさって近代化とは逆行していることも多々あるように思えます。
僕は大阪は東京に張り合うことなく、独自の「らしさ」を追及してほしいです。
もちろん勝手な考えではあるんですけどね。


20140728_154548_resized.jpg


僕はサイパンで暮らす前に東京で、あるITメーカーの営業をしていました。
当時は国を挙げての市町村合併が盛り上がっており、
都会ももちろんですが、地方のたくさんの町や村が新しい市になったり
大きな都市に小さな市が吸収合併されたりしていました。

そのインフラを構築するのにIT機器メーカーはその営業成績を伸ばし
僕は関東圏のある市町村合併にかかわることになり、
毎週2日くらいは、その県に出張をしていました。
山や川の素晴らしさや食べ物や水やそれで作られるお酒などもおいしく
温泉が素晴らしく、そこから見る景色も最高でした。
「らしさ」がいっぱい感じられる素晴らしい場所でした。

が、たくさんの昔からある「村」や「町」は表記から消えました。

***********


なぜそんな話をしているかというと、なんてことないドラマの影響です。
見ながら色んなことを思い出したというか考えました。


そのドラマは週末にスペシャルが放送される「リーガルハイ」。(フジテレビ公式HP
2012年に放送された1作、2013年の2作共に大好きなんですが
特に印象的な話の1つに、ある村の公害訴訟の話がありました。

市町村合併と公害訴訟は同じものではないし、近代化も同じではありません。
僕はそもそも合併や訴訟がどうこうという話をしたい訳ではなく、
ある印象的なシーンから色んなことを考えたということです。ご理解ください。


20141028_143418_resized.jpg


ドラマのそのストーリーはこんな感じです。
ある山間の村に化学工場が数年前から操業しています。
その村の老人たちは原因不明の病にかかったり、急死したりという事実を
その化学工場が原因だと訴訟を起こします。
しかし、老人たちは化学工場社長のお見舞いの品や少しの見舞金などにより
訴訟ではなく、和解を選ぼうとします。

と、そこで主役の弁護士 古美門先生が老人たちに向けて話した言葉が
ものすごーーーくイイんです。
TVドラマなんですが、主役の堺雅人さんのこの演技は舞台俳優のそれです。
役者の力を感じるというか、とにかく圧倒的です。大好きな役者さんです。
ご覧になられたことのない方はぜひぜひ。

一応Youtubeでそのシーンだけを抜粋したものを張っておきます。
YouTubeのページはこちら
ちなみにとんでもない長台詞ですし、フィクションですのであしからず。
(最近見れなくなったようです。)


20140816_143926_resized.jpg


政治家が「美しい日本」という言葉を使っているのを見ることもありますが
美しい日本とか日本らしさとか日本の良さとか素晴らしさとか
僕が思う美しさや素晴らしさとは少し違うように感じることが多いです。


日本の「良さ」って、「らしさ」ってなんでしょうね?
そんな風に思い、書き始めましたがまとまらない文章ですみません。
何か自分の中で答えが出てきたら、また書きたいと思います。

P.S.「...Read more」をクリックするとその長台詞が読めます。
  スマホの方は全部表記されているみたいですね、長文ですみません。。

(ここからが長台詞内容です。)
堺さんの部分を抜粋しています。

***

素晴らしい。
皆さんのお考えに感服いたしました。
さすがふれあいと絆の里だ。
それではそのように手続きしましょう、黛君後は頼んだ、さようなら。


良いんだよ、彼らが良いと言っているんだから、ですよねぇ皆さん。


見たまえ、彼らの満足そうなこの表情を。
ズワイガニ食べ放題ツアーの帰りのバスの中そのものじゃないか。
黛君よく憶えておきたまえ、これがこの国の慣れ合いと言う文化の根深さだ。
人間は長い年月飼い馴らされると、かくもダニのような生き物になるのだよ。

他に誰かいますか?自覚すらないとはホントに羨ましい。
コケにされているのも気付かないまま墓に入れるなんて幸せな人生だ。
申し訳ありません最初に申し上げた通り、
みなさんのような惨めな老人どもが大キライなもんでして。


倍も生きていらっしゃるのにご自分のことも
分かっていらっしゃらないようなので教えて差し上げているんです。
いいですか?
皆さんは国に見捨てられた民、棄民なんです。
国の発展のためには年金を貪るだけの老人なんて無価値ですから
ちりとりで集めて端っこに寄せて羊羹を食わせて黙らせているんです。
大企業に寄生する心優しいダニそれが皆さんだ。


かつてこの地は一面に桑畑が広がっていたそうですよ。
どの家でも蚕を飼っていたからだ。
それはそれは美しい絹を紡いだそうです。
それを称えて人々はいつしかこの地を絹美と呼ぶようになりました。

養蚕業が衰退してからは稲作に転じました。
日本酒に適した素晴らしい米を作ったそうですが政府の農地改革によってそれも衰退した。
その後はこれといった産業もなく過疎化の一途をたどりました。
市町村合併を繰り返し補助金でしのぎました。
五年前に化学工場がやって来ましたね。
反対運動をしてみたらお小遣いが貰えた、多くは農業すら放棄した。

ふれあいセンターなどという中身のない立派な箱物も建ててもらえた。
使えもしない光ファイバーも引いてもらえた、ありがたいですねぇ。
絹美という古臭い名前を捨てたら南モンブラン市というファッショナブルな名前になりました。
なんてナウでヤングでトレンディなんでしょう。

そして今、土を汚され、水を汚され、病に侵され、
この土地にももはや住めない可能性だってあるけれど、
でも商品券もくれたし誠意も絆も感じられた、
ありがたいことです本当に良かった良かった。

これで土地も水もよみがえるんでしょう病気も治るんでしょう
工場は汚染物質を垂れ流し続けるけれどもきっともう問題は起こらないんでしょう

だって絆があるから!!!!!



なぜ?
ゴミ屑扱いされているのを分かっているのになぜ納得しようとしているんです?

(老人)俺たちはもう年寄り…

年寄りだから何なんですか?

(老人)具合が悪いのにみんな頑張ってきた…

だからなんだってんだー!!!!!

だからいたわって欲しいんですか? 
だから慰めて欲しいんですか? 
だから優しくされたらすぐ嬉しくなってしまうんですか?
先人たちに申し訳ないとは、子々孫々に恥ずかしいとは思わないんですか? 

なにが南モンブランだ。
絹美村は本物のモンブランよりもはるかに美しいとはどうして思わないんですか?

誰にも責任を取らせず、見たくない物を見ず、みんな仲良しで暮らしていけば楽でしょう。
しかしもし、誇りある生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない。
深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない。
戦うということはそういうことだ、愚痴なら墓場で言えばいい。

金が全てではない?
金なんですよ、あなた方が相手に一矢報い意気地を見せつける方法は。
奪われたものと踏みにじられた尊厳に相応しい対価を勝ち取ることだけなんだ、それ以外にないんだ!!

錦野春男さん、あなたは元郵便局長だ。幾度となく閉鎖されそうになった村の郵便局を最後まで守りぬいた。
森口三郎さんは小学校の校長先生。村にいた子供たちはみんなあなたの教え子だ。
奥さんの久子さんは街のデパートの化粧品売り場で月間売り上げの記録の保持者。
剛田譲二さんは実に百ヘクタールもの田畑を開墾した。
川田里子さんと御主人は田んぼをやりながら日雇いの仕事を幾つも幾つもかけ持った。
富田康弘さんは商店街の会長。毎年祭りを盛り上げてあのクリスタルキングを呼んだこともある。
板倉初枝さんは女だてらにクレーン車を動かし六人の子供を育て上げた。

敗戦のどん底からこの国の再繁栄期を築き上げたあなた方なら
その魂をきっとどこかに残してる!!!


筈だと期待した私が愚かでした。
いいですか二度と老後の暇つぶしに私を巻き込まないでいただきたい。
心優しいダニどうしお互い傷を舐め合いながら穏やかに健やかにどうぞくたばっていってください。
それでは皆さん、さようなら!!!





いやーーーーこの長台詞を1シーンで撮影した堺雅人さん。すごすぎます。
文字よりもぜひぜひ映像でご覧くださいね。
ちなみにドラマでは老人たちは立ち上がります。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 湘南腰越・珈琲日記, All rights reserved.