ADMIN TITLE LIST
こんにちは

サイパンはようやく快晴に戻ってきました。
風はまだ海側から吹いていますが
これからどんどんお天気が良くなる事でしょう。


大学時代の親友家族がもうすぐ遊びに来るので
お子さんの初海外の思い出の為にも
お天気がいい事を祈ってます。


カーサウラシマは日曜日が定休日です。


その為か、土曜日・月曜日はお客様が多いです。
そんな昨夜は早い時間に満席。
日本からの観光客のお客様がたくさんいらっしゃいました。



DSCF5040.jpg


カーサに一度いらした事がある方は想像しやすいでしょうが
一軒家を改造しているお店ですので
店内は部屋に区分けされて、その部屋にいくつかテーブルを
設置していたりします。


その1部屋のテーブル配置を変えてみました。


理由は「視線」です。


個人的に気にしてしまうからかもしれませんが
隣のお客様同士が目があってしまったりすると
人によっては意識してしまったり
相手のテーブルの事も気になってしまい
どうも落ち着かない。
のんびり楽しめないと思う事もあるかもしれません。


今までよりそういう意味でテーブル同士のお客様の視線が
気にならないように考えてみました。


数日経ちましたが、お店側としても
お客様をご案内しやすくなったかなと思ってます。

お客様からのご意見はさすがにありませんが
楽しそうにお食事されて
「おいしかった。また次回のサイパンで食事に来ます」
って言ってくださる姿を見て、なんとなくですが
感触を感じています。


そんな風に少しづつ何かを試してみようと思います。
スポンサーサイト





ジュンジさん!
お久しぶりです(^-^)/

本当の、心からのおもてなしって、こういう小さな事の積み重ねなんでしょうね。

来週、サイパンに行きますので、また遊んで下さいね!
楽しみにしてます!!
【2011/08/09 12:33】 URL | 香織 #-[ 編集]

はじめまして。
毎日楽しみにブログを読んでいます。

私は、視線の位置や人との距離を
重視してレストランやカフェに入ってます。
味がよくても席の間隔がなさすぎたり、
視線が頻繁に合ってしまう配置だと落ち着かないので
外から見て、入らずに違う店に行くこともよくあります。

例えば日本には、エクセルシオール、スターバックス、
タリーズなど有名な珈琲チェーン店がありますが、
エクセルは、ある程度視線の位置を考えている気が
します。
どの店にいっても窓ガラスの視線の位置に
視線を遮るシールが貼ってあり、外を歩く人と
中で席に座った人の視線が合わない様に
なっているのです。

だからといって、完全に隠されてはいないので、
外からは、人がいる事はわかりますし、中からは
ある程度外が見えます。

席の間隔は、さすがにゆっくりはとれていないですけど。
必然的にエクセルをよく使います。
何よりも「落ち着いて食事をとる」事が
重要なので。。。

そんな客もいますので、配置換えによって
視線があわなくなるのはとても良いことだと思います。
視線・席の間隔・人の動線が良く考えられて配置が
されているお店は、本当に快適です。

実はサイパンには10回以上もいってますが
カーサウラシマにいってないのは、どういう
席の配置なのかわからない&混んでいることで
有名なので躊躇しているという事があります。

今後、席の配置やメニュー、比較的空いている曜日を
紹介して下さると嬉しいです。
【2011/08/11 04:30】 URL | るに #3/VKSDZ2[ 編集]

香織ちゃん
 心からのおもてなしへの一歩になるんだろうかね。
 そうだったらうれしいけど、働く人と食事をする人は
 目線も考え方も少しづつ違うだろうから
 お客さんの目線というか考え方を忘れないよう
 日々頑張ろうと思うよ。

 いきなりたくさんの事は出来ないので少しづつ。

 もうすぐなんだね。
 飲むの楽しみにしてるよ。

るにさん
 コメントありがとうございます。

 大切なメッセージがたくさん隠されていて
 じっくり吟味しながら読ませてもらいました。
 ありがとうございます。

 自分は全ての人と同じではないので
 僕が考えてすることは一人で走っちゃっている事なのか
 どうなのかが、分からない事が多いです。

 結局はお客さんの表情や反応で判断していますが
 まだいらした事の無い方の考えや
 なぜまだいらしていないのかは分からない事でした。

 カーサウラシマの事ももっと書いていきたいと思いました。

 これからもよろしくお願いします。
【2011/08/11 23:22】 URL | Junji #dZ8n7Uo6[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 湘南腰越・珈琲日記, All rights reserved.