FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
こんばんは

GWも始まりましたが、お天気は安定せず。
冬のような寒さと春を超えたかのような暖かさが交互にやってくるようで、
体調を崩しやすいと感じています。健康第一でよく寝るようにしないと。


IMG_20190404_110507.jpg

今日は先日のお休み(4月上旬)に撮った桜の写真をご覧ください。

IMG_20190404_110606.jpg 

春になるとGW前や来たるアジサイシーズン向けに、雑誌やTV等の取材も少しづつ増えてきます。



IMG_20190404_111600.jpg

腰越珈琲にもいくつかお声をかけていただくのですが、全てを受けてしまうと、出すぎな気もしますし、どの記事に対してどういった反応があるのかが、分かり辛くなるので、自分の中で今回は(今年は)この雑誌やこの取材を受けようという判断基準がちゃんとあります。


IMG_20190404_114904.jpg

取材を受けると、メニューやお客さん層やお店の売りなどを中心に聞かれることがほとんどなんですが、時々僕自身にすごく質問を集中してくださるところもあります。


僕自身の今に至るまでの経緯(かっこよく言うと歴史)は話し始めるととても長くなってしまいます。


IMG_20190404_121532.jpg

このブログは2007年にサイパン島の南国カフェ「カフェレミントン」を任される事になったことからスタートしたわけですが、当時は今と違って本当に更新頻度も高いもので、まさに日記でした。

内容はとりとめもないものがほとんどなんですが、自分が読み直し、当時の思いを確認したり、初心を思い出したり、どういうお店にしたかったのか、自分はどういう人間なのか、などなど。日記を読み直すことで、自分自身を見つめなおす時間が取れたりします。



IMG_20190404_124950.jpg

このブログを続けてきたことの恩恵がまさにここにあり、取材においても自分の事を聞かれるのが、一番自然体でこたえられているような気もしています。長い話になりがちなので、編集されるライターさんなどにはご迷惑もおかけしているかもしれません。


いずれにしましても、腰越珈琲の成り立ちも、僕の腰越生活の理由や考え方も、腰越珈琲というお店のメニューや料金や座席や場所やグラスやお皿等の理由も、このお店の未来も。
全ては自分自身の中に答えはあると思いますし、自分が今後もどうやって生きていきたいのかが大きく左右しているんだと思います。


IMG_20190404_125305.jpg

お店は店主の色を反映するとはよく言ったもので、まさにその通りなんだなと思います。
僕が思い、願う「僕らしさ」を失わないよう、それでいて新しい自分の魅力も持てるよう、少しづつ前進していきたいと思います。

平成が終わり、令和になった日に何か書こうと思いましたが、結局いつも言ってるようなことしか出てきませんでした(笑)
取材の結果がどこかで発表されたらまたお伝えしたいと思います。



IMG_20190415_093422.jpg 

うちに来始めて何気にもうすぐ一年のマルちゃん(仮称)。
すっかり我が物顔です。

スポンサーサイト





| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 湘南腰越・珈琲日記, All rights reserved.