ADMIN TITLE LIST
おはようございます。


今日は大晦日。2015年も終わりますね。
お天気は良さそうですね、青い空が見えています。


さて、せっかくの年の瀬ですので、自分の今年一年を振り返ってみたいと思います。


2014年の初夏に帰国した僕にとって、今年は丸々一年の季節をしっかり感じられた年となりました。




正月には初雪が降り、一面真っ白な世界を体験し、恐ろしいほどの寒さに心が折れそうになりました。




春には10数年ぶりの桜を満喫しました。さすが、日本を代表する花ですね、美しい。




夏には花火大会も。腰越で見れたからか、とても風情があり日本の花火の素晴らしさを感じたように思います。




そして、秋には色鮮やかな紅葉。

こうして、年間を通じると四季があることによる幸せを感じました。




いろんな場所にも行きました。







海外旅行もいいですが、今の僕には国内旅行の方が魅力的です。その土地ならではの、景色や食事や人、風習。まだまだ行きたいところがたくさんです。




焚き火するのにお金がかかるのには驚きましたが(笑)












たくさんのスポーツを観たり、文化観賞にも行きました。映画もたくさん見ました。そのどれもが選手、演者、周囲のスタッフやそれを愛するファンやサポーターの熱が凄く、想像を超える位楽しめましたし、それぞれについて学ばせてもらいました。

まだまだ知らないことばかりです。





お祭りに参加できたのはとても嬉しかったし、




長年の夢だった富士山初登頂は言葉にできない喜びでした。




初めてと言えば、結婚パーティーの幹事も初めてやりました。国の文化や考え方の違いに戸惑いながらではありましたが、お世話になってる人への恩返しにもなったかなと思ってます。






















たくさんの友人が遊びに来てくれました。
国内はもちろんのこと、サイパンやグアムからも。多くの大切な人たちの存在を再確認できた一年でもありました。





ウサギのモコが一年ずっと健康で元気にしていてくれたのも安心でした。高齢になってきていて、何かと気がかりにもなるのですが、幸せそうにしてくれているので嬉しいです。




犬たちとも沢山出会いました。




そして、猫が好きになってきました。





波乗りもたくさんできたし(しばらくできないんですが)、自転車で出掛けるのも気持ちよかったし、久々に日本でドライブもしました。
これからも色んな事に前向きでいたいなと思います。




そして、何より腰越珈琲というお店を開業できました。
自分一人の力では何も前に進まなかったんだと思うんですが、一歩前に踏み出せたので来年はもう一歩、もう二歩前に行きたいです。

まだまだなお店ですし、始まったばかりですが、お気に入りのお店だって言ってくれる方の暖かい言葉に励まされてます。退院したら、休んでいた分も取り戻すべく頑張ろうと思います。





総じて、幸せな一年を過ごせたと思っています。
来年も穏やかに、そして時にアグレッシブに過ごしていければと思います。






それでは皆様、よいお年を。

スポンサーサイト

おはようございます。



雨降らないてすね、毎日いいお天気です。
年末年始もこのまま快晴だと嬉しいです。




昨日から2/3荷重に取り組んでます。
自分の体重の約2/3を手術した右足に荷重するというものなんですが、僕の体重からして約45kgを右足に乗せます。実際に歩行となると右足に全体重を乗せなければいけないので、この先には全荷重が待っています。

回復を待ちながらのリハビリなので、ポイントは45kg以上の体重を『乗せない』と言うことなんです。実際に痛みなんかはないので、気を抜くと結構な体重をかけちゃいそうになります。今はそれ以上の負担をかけないように周囲の筋力を戻していくのが目的なので、慎重にやってます。


しかし、歩く喜びをまたまた感じてます。
歩くって何て最高なんでしょう。



時折ニュースで見るセグウェイとか?




健康な人が乗っていたら、それはこの喜びを感じられない悲しい乗り物にしか見えなくなってきました。『楽』をしたいから乗るのかもしれませんが、『楽しさ』をなくしてるので、もったいないです、あれ。

馬が走るように、犬や猫が歩くように、鳥が空を飛ぶように。
人間はもっと歩くべきです、絶対。
完全に治して、思い切り散歩したいです。頑張らないと。



歩行練習や珈琲のために、ちょいちょい談話室に行きます。

談話室にはいろんな人が集まりますが、珈琲をのんびり淹れてる僕はちょっぴり若手の部類でして、いろんなお爺ちゃんやお婆ちゃんに可愛がってもらってます。いつもお菓子をくれていたお婆さんが今日退院します。
昨夜もお菓子をたくさんくれて、最後だから記念写真撮りましょって言ってくれました。




良い思い出になりました。





うさぎも丸々ぬくぬくしているそうです。
元気で何より


おはようございます。


今日は雲がない綺麗な青空が窓一面に広がっています。
入院生活も3週間も経ってくると、不満とかではなく、外の空気が恋しくなります。病院での平和で安静な暮らしは快適ですが外の世界からの隔離感はあります。


外の空気を吸いたい!ついでに、旨いもん食べたい!

肉汁滴るステーキとか
煙に囲まれて食べる焼き肉とか
焼いたり、茹でたり、鍋にして食う蟹とか
こってり味のあのラーメンとか。
病院の食事は思っている以上に美味しくて毎日楽しく頂いているのですが、それとこれとは別なんですよねー。

と言うことで?外泊許可貰えました。
年越しは外の世界で迎えることになります。初詣も行けそうです。





車椅子での生活でしたが、逆足の痛みも腫れも順調に引いてきて、昨日とうとう歩行練習をしました。約3週間、歩くという人間の本能的作業をしていなかった僕にとって、とにかく嬉しい時間でした。


手すりを持ちながらなので、全体重を乗せているわけではないのですが、自分の足で一歩一歩前に進んでいく快感は言葉にできないくらい。失って分かることって色々あるんですが、歩くということもまさにその一つだなと思います。


今日から2/3荷重ということで、さらに先に進んでいきます。
外泊に向け、旨いご飯に向け、慌てず頑張ろうと思います。


おはようございます。


今日もいいお天気ですね





相変わらず、外気温度がよく分からないのですが天気がよくてもちゃんと冬でさむいんでしょう。風邪など引かないようお過ごしください。


今年も後数日となりました。
相変わらず車椅子生活でして、明日あたりには松原杖に戻れそうなんですが時間がかかっていて、モヤモヤします。まぁ、手術した右膝の回復は順調そうなので松葉杖からはまたリハビリのスピードはあがりそうなんですけどね。


2015年はお店の開店準備から始まり、冬の間は寒さにやられて、室内作業に集中し、出掛けるときは東京や横浜などの家具屋さんを精力的に回っていました。
今でもお客様にはお店の内装を誉めていただいたりもしますが、改装って実はほとんどしていなくて、どちらかと言うと家具選びが全てだったように思います。


たくさんのお洒落なカフェが世の中にあり、僕もカフェにいくのは好きなのですが、見た目はよくても座り心地が悪かったり、長居するにはお尻が痛くなったりする椅子が割りと多いように思っていました。
イメージ重視、見た目重視というお店が多いのは、それに需要があるということなんでしょうね。

カフェらしいとか、ハワイっぽいとか、バリや南国的だとか。
イメージや見た目を攻める方向性を否定するわけではないんですが、僕は座り心地のいい椅子ということに、お店の開店資金の多くを注ぎました。
お店のコンセプトは『老若男女犬猫問わず、ゆっくりしてもらう』ですので。




だから、うちのお店の財産と言えば、ソファとか椅子だったりします。
何時間いても疲れない椅子をテーマに探し続けました。
完璧だなんて思わないですが、ウトウトしてたり、寛いでたりするお客様の姿を見るととても嬉しく思います。


1月にお店は再開する予定ですが(時期は膝の回復次第なのでもう少し確定までお待ちください)、再開しましたらぜひゆっくり珈琲飲みにいらしてくださいね。
お店のメニューをあれこれ思案しながら、入院生活がんばります。


おはようございます。



今年最後の日曜日ですね。
今日は入院してからずっとお世話になっていたおじいさんが退院されます。朝からご機嫌で嬉しそうです。羨ましい限りです。


手術した方の膝は順調で、逆足の筋も痛みはひいてきました。
なんとか年末年始の外泊許可をもらえるよう、気を抜かずに治していきたいです。


今日はとてもお天気が良さそうなんですが、湘南では七里ヶ浜でフリーマーケットが開催され、腰越在住で公私ともにお世話になっているショーイチさん、アキちゃんが出店します。


材木座でPIGGY'S KITCHENというカフェをやっていたショーイチさん。
秋に一度閉店したのですが、次の店舗を探しながら、色んな展開を考えているそうです。今回はピギーズカラーのオーガニックキャンドルを出すとか。





大豆100%のキャンドルで、通常のものと比べて融点が低く、灯をともすとキャンドル全体が溶けていき、燃焼時間が長いのが特徴です。
燃焼するときのススが出にくかったり、有害物質を含まないので、お子様やペットにも安心なものとなっているようです。




あきちゃんの方もエアープランツやドリームキャッチャーなどを販売するそうです。


ぽっかり予定が空いている方は、ぜひ七里ヶ浜へ
たくさんのお店が出店していて、楽しいと思います。
冬の海も天気がいいので気持ちいいですしね。


おはようございます。



今日はいいお天気になりそうですね。
僕は手術した右膝ではなく、本来元気だったはずの左膝の痛みがなかなかひかず、両足とも怪我してるような状態です。どっちかと言うと右膝の方が痛みもなく、元気です。
リハビリも停滞中なので、退院時期が延びないかちょっと心配です。


昨夜、サイパン時代の後輩の女の子から連絡をもらいました。
今や二人のお子さんのママではあるんですが、相変わらず抜けてるというか独特な勢いのある女の子です。


当時から『この子は何を言ってるんだ。』とよく思ってましたが、何か今も変わらずな感じです。当時はイラっとすることもあったのですが、この年になると?または知り合って年月がたったからか?割りと許せます。
許せるし、これがこの子の個性なんだとよく思います。

なんなら、あの頃ガミガミ言ってた(同じ会社だったので)自分の方が器が小さかったのでは。。とも思ったりします。あの頃のあの子の言動は今考えてもやっぱり訳がわかりませんが、『怒るほどではなく、これも個性だ』と思える自分じゃなかったなと思います。






変だと思われてる人とか嫌われてる人とか、世間や周囲から常識はずれなんて思われている人っていますよね。でも、それって自分の世界や常識と違うというだけで、悪く言うほどの事ではないのかなと思うことが最近多いです。



自分と違うことを、拒否して批判することは実はとても簡単なことで、

なぜ違うのか
なぜそういう風に思うのか

と考えることから逃げてしまっているのではと思います。相手が自分と全く同じ考えだったり、自分の思い通り言動してくれる事なんて実際にはとても稀なことで、世の中には自分と違うことは溢れかえっていて、その違いを楽しめたり、違いから何かを学ぶことは人生において大切なことだと思います。


受け入れる心の余裕だったり
受け入れたいと思う好奇心だったり
違いを楽しめる人間でいたいなと思います。


昨日の会話ではこんな話は全くなくて、グアムの水牛だとか、夫婦喧嘩の話だったのですけどね(笑)
そんなことを改めて考えさせられました。


写真はもらったクリスマスミニツリー。
10種類から6つのフィギュアが出てくるのですが、10種類もあるのに同じのが2ペアもありました。






イタリア製も割りと適当ですね(笑)
イタリア人って適当か、そういや。


おはようございます。


クリスマス当日ですね。
お天気は雲が多く、ちょっと微妙な感じです。


前回の日記で、シャワーも浴びられるようになって益々元気にやってます。なんて言っていたのですが、あの日の夜に手術した方ではない方の足の筋がどんどん痛くなり、朝には腫れてしまい、なんと車椅子生活に戻ることに。


原因はまぁ、筋肉疲労だと思われるそうで、筋トレし過ぎが疑われます。
寝たきりの生活から、車椅子になり、松葉杖になり、リハビリも楽しくなっていたので、リハビリのない祝日にも重りを借りて黙々とトレーニングしてたのですが、その負担が身体を支えている逆足の筋に過剰にかかったと思われます。


慌てずに。。とは思っていたのですが、身体を動かせる喜びでちょっと無理をしてしまいました。手術した方の膝は順調に回復しています。


ちなみに、お店の再開ですが少し先になりそうです。
リハビリと回復次第なので、確定するのはもう少し先になりますが、1月8日頃を考えています。追ってご連絡いたします。






昨夜はクリスマスイブでしたね。
病院の晩ご飯もチキンのトマトソースなんかが出たりして、クリスマス気分を感じられるものでした。食後にトレーを回収してもらうのですが、

看護師さんが
『ケーキどうでした?』
って聞くので
「いや、僕ケーキありませんでした。」
って答えると
『栄養士さんが色々計算してますので、人によって違うみたいですね』
「僕はリンゴとキウイでした」


『あ、そうだったんですね。』
なんて言いながら他の人のトレーを下げる看護師さん

『オダさんはケーキでした?あ、ショートケーキでしたか』

『タナベさんは?あーケーキでしたかー』

『イケザワさんは?ケーキ。。ですね』

四人部屋で僕だけリンゴとキウイ。。。
食事制限ないのに。。

『まぁ、栄養士さんが色々計算して。。』
なんて言いながらそそくさと行ってしまいました。

ちょっと切なかったです(笑)
でも、それを耳にしたお隣の奥さまが余ったケーキを下さいました。
捨てる神あれば拾う神ありです





そんなイブでした。


こんばんは


いよいよ?クリスマスですね。
僕は当然ながら、クリスマスは病院で過ごします。
サイパンだったら、ローカルファミリーのBBQに参加なのになぁ
なんて、島の暮らしが恋しくなります。





そんなクリスマスを迎えた今日、病院内でクリスマスコンサートが開催されました。
先生達が結成している同好会が主催するもので、リハビリテーション室はたくさんの方で埋め尽くされました。
フルート、サックス、ホルンやトロンボーン、ウッドベースにピアノなど、本格的な吹奏楽で、クリスマスソングを中心に一時間半ほど行われました。


お客さんは入院患者の他にも外来の方も多くいらっしゃっていて、和気藹々の雰囲気でした。僕も先日まで同部屋だったおじいさんや、談話室でおしゃべりしてたおばあさんとの再会があって、ちょっと前のことなのに懐かしく思ったりしました。


入院患者の身としてはクリスマスを感じられる素敵なコンサートだったと思いました。
業務のあとに夜中練習されていたという先生方にも感謝です。


明日からはまたリハビリの毎日です。
抜糸も済んで、今日からシャワーも浴びられるようになり、益々元気にやってます。


皆さんも素敵なクリスマスをお過ごしください


おはようございます。



今日もいいお天気になりそうです。
入院患者なので、消灯21時の起床6時の暮らしをしています。
21時にはさすがに眠れないのですが、朝は5時台には目覚めてしまいます。
しかも、お腹が空きすぎて目覚めます(笑)
リハビリが激しくなりつつあるので、ご飯が足りないようです。



基本的に友人たちには入院していることも、手術をすることも言ってません。
お見舞いはとても嬉しいのですが、ちょっと苦手だったりもします。
お見舞い行くよーっていう声にも遠慮がちな返事をしてしまいます。



それでも、気にかけてくれる友人達がいて、最近サイパンの後輩が連絡くれました。
心配してくれてるのはもちろん嬉しいのですが、ダイビングでカジキマグロ見ました!っていう自慢がメインだったような(笑)
ウミガメの写真を送ってくれました。





いやー、サイパンの海は本当に青くて、澄んでいて、美しい。
日本に帰国して、ダイビングはもうやらないだろうなぁなんて思っていましたが、こんなの見せられると潜りたくなります。


この手術した膝でダイビングはいつかできるんでしょうか。
フィンキックって結構大変な気がしますが、諦めずにいつかまたサイパンの海に潜りたい。それも目標のひとつになりました。





あと、グアムに移り住んだ元サイパンのカズさんファミリー。
抜けるような青空の元、笑顔のクノンとニンジャの写真を送ってくれました。
人間は日本にバケーションで来ることは簡単ですが、ワンコはそう言う訳にもいかず。この2匹に会いにグアムにも行かないとー!


クノン&ニンジャ、待っててねー


おはようございます。



いいお天気が続いていますね。
今日は雲が多めですが、朝焼けがほんのりオレンジで綺麗です。
日曜日はリハビリが休みなので、昨日は1日のんびり過ごしました。


日中は読書、夕方からはぶっ続けてサッカーみてました。
テレビは普段見ないのですが、サッカーだけは別でして、やっぱり生で見たいのでテレビにかじりつきます。


バルセロナというスペインのチームの試合だったのですが、漫画みたいなサッカーしてました。相手は南米チャンピオンだというのに。
端から見てるとすごく簡単そうにやってるんですが、相手もあっての事なのであんな風には普通いかないんですけどね。過去にも例を見ないほどのチームです。


しかも、選手たちみんな凄く楽しそうにやってるんですよね。
この世界的な選手たちも子供の頃が当然あったわけで、その頃は純粋にただボールを追いかけていたんでしょうが、バルセロナの選手になって、クラブW杯の決勝でも同じように少年のような顔で楽しそうにサッカーしてました。


久しぶりに最初から最後まで幸せな気持ちでサッカー見ました。
膝を完治させたら、少しずつでいいのでやっぱりボール蹴りたくなりました。
今日からまた頑張ります!


話は変わって、談話室でハンドドリップの珈琲を淹れているのが、他の患者さんや看護師さんにも認知されてきて、色んな方に珈琲をお出ししています。
病院関係者の方は珈琲でも受け取れないのかもしれませんが、患者さんやお見舞いのご家族などには飲んでもらってます。






で、持ってきた豆があともうちょっとになりつつあって、どうしたものかと考えていた昨日。ロビンちゃんのパパ、ママが珈琲豆を差し入れしてくれました。
しかも、お店で使ってる須藤珈琲さんのもの。



須藤さんも心配してくださっているそうで、早く復帰しなきゃなーと思います。
にしても、須藤さんとこの珈琲はホントに美味しいです。
最高のお見舞いの品ありがとうございました。





大阪で6歳を迎えたウサギのモコ
食欲旺盛で元気にやってるようです。何よりです。


おはようございます


今日もいいお天気ですね。
病院から見える空には雲ひとつありません。





昨日、お店からコーヒーのセットを一式持ってきてもらいました。
これで、インスタントや缶コーヒーではなく、ちゃんとした珈琲が飲めます。
早速、談話室で入れていると、いつもお話しする方がやってきたので、飲んでもらいました。
晩御飯の後も、年配の女性お二人と一緒にコーヒー飲みながら過ごしました。




今朝は同室のおじいさんが退院されるということで、お世話になったお礼に珈琲をご馳走させてもらいました。いろんな方とゆっくり時間を過ごすことができるのは淹れている時間も含めて珈琲のお陰だなぁと思います。


話は変わりますが、手術の時に生まれて初めてフンドシ履きました。
履きかたすら分からなかったのですが、ちょっといい体験でした。

で、フンドシといえば。。。である記事を見つけました。

(社)日本ふんどし協会という団体がありまして、そちらの団体が来年のバレンタインに江ノ電を使ってイベントをするそうです。




『(緊急告知!)2月14日、江ノ電で愛を告白したい人、大募集!!』
詳細はこちら


2月14日=ふんどし
とのことです。

ご興味ある方は是非応募してみてくださいね。
当日、どんな愛の告白が電車内に溢れるのか楽しみです。


おはようございます


お天気は快晴ですが、外を見ると
歩いている人たちがとても寒そうです。
気温は低いんでしょうね。





頂いたお花を花瓶に入れてもらってますが、蕾が膨らんできているものもあり、新しく花が咲きそうです。
植物があるというのは、当たり前ですが、生きているものがそこにあるという事で置物などと違って部屋の景色を少しずつ変えてくれるのが嬉しいです。






少しずつと言えば、僕の膝のリハビリも少しずつ進んでいて、とうとう車椅子を卒業。
昨日から松葉杖2つを使った『両松葉』になりました。
車椅子より筋力を使うので疲れやすいですが、退院してからの生活も考えると早めにスタートして筋力つけておきたかったのでありがたいです。
何より、トイレが楽になりました。


今後は手術した右足を地面につけられるようにしていき、松葉杖ひとつで歩く『片松葉』を目指して頑張ります。



退院の目処はまだついていませんが、年内を目標にしています。
といえ、お店の再開は現在予定している1月4日よりも後になるかもしれません。
こちらは追ってご報告しますね。


そういえば、昨日は夕焼けきれいでした。
病院からなのが残念ですが、談話室からみんなで見ました。



冬は空気が澄んでいるからか夕焼け期待できますね。


おはようございます



今日も良いお天気です。
病院にいると室温が管理されていて、短パン裸足で過ごしていますので、外は寒いと言うことを感じにくく、不思議な感覚で暮らしています。


僕はこの秋に拾った落ち葉を本の栞にしています。
人からのアイデアなんですけど(笑)

昨日、病室の掃除担当の女性が来ているときに、落ち葉の栞を見て話しかけてくれました。

『朝から嫌なことあって、ムシャクシャして叫びたいくらいだったんだけど、その栞を見てちょっと心和んだわ、ありがとねー』

ムシャクシャしてたようには見えないくらいニコニコでした。



栞ひとつで心が少しでも和んだなら、この落ち葉にしてよかったなと思いますし、そうやって面と向かってお礼を言われるとこちらの気分も良くなります。
逆に良い気持ちにしてもらってありがたかったです。


日々の暮らしの中でも、こういう事は色々あるんでしょうね。
感謝とかお礼とか。口に出すことを心がけていきたいです。


おはようございます


今日は雲がない空が広がってます。
病室からの景色ばかり見ているのですが、晴れた日と曇りの日と雨の日ではやっぱり感じ方や気分も変わってくるもので、同じ景色ではありますが晴れた空を見ていたいものです。



病室からの景色といえば、看護師さんが教えてくれたのですが、夜になるとお隣の敷地の中の大きな樹木がライトアップされて、クリスマスツリーになります。


暗闇の中、一本だけ輝く大きなクリスマスツリーは街中で盛大に開催されているイルミネーションとは違う良さがあるように思いました。




++++++++++



そういえは、先日栃木に旅行に行ったのですが、
ある史跡を見に行ったときに、裏の竹林が立派で少し中に入ってみました。




まっすぐにそびえ立つ竹林は好きなので、写真とりながらうろうろ歩いていたのですが、一本だけ赤く色付く樹がありました。




緑の中に一本だけの紅葉。
しかも光がそこだけ差し込んでいてとてもとても綺麗でした。


携帯のカメラじゃこう言うとき見えている景色のように撮れないのがもどかしいですね。と言うことで記憶の中にしっかり保存しておきました。



目立たない所でひっそりと、誰に見られるかも分からない中で地道に頑張ってる感じのものに美しさを感じたり、意味なく応援したくなる様で、まぁ、天の邪鬼な性格なのかなとよく思います。


こんばんは


今日は夜に書いてます。
実は昨日から携帯トラブル続きです。
とはいっても完全に自業自得で、意味もなく初期化して、データを消してしまい。

新たに色々設定してるうちにロック解除のパスワードが分からなくなり、ショップ行きとなり、再度初期化。
先程ようやく復活しました。




まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、リハビリでようやく右足を地面につけました。
まだ1/3の荷重、つまり体重の1/3くらいの20㎏の荷重までと言うもので、足をつけたって言うのが正確なところで、立った!とは言えないレベルです。

それでも前に進んでいる事は実感できますし、リハビリも少しハードなものに変わってきています。




上半身も鍛えないと。。ということでこちら買ってきてもらいました。
退院する頃にはムキムキ予定です。





昨日、大阪から母が来てくれました。
日帰りの弾丸だったのですが、久しぶりにいろんな話をゆっくりできました。




大阪の実家暮らしも慣れてきたウサギのモコはこんな感じにだらだらしてるそうです。
元気そうでよかったです。





そして、昨日お店の常連の姉さんがお花を持って来てくれました。
ベッド周りが華やぎ、良い香りてあふれかえってます。

家主さん、そして家主さんの息子さんもそうですが、皆様には感謝しかありません。


引き続きリハビリ頑張ります!


おはようございます


入院して1週間が立ちました。
今のところ、問題なく快適に過ごしています。
明日から『1/3荷重で立つ』とのことですがどんな感じなのかあまり想像もできません。


入院中にしていることの多くが読書です。
看護師さんからも『よく読書してますね』と言われてしまうほど、常に読んでるんだと思います。


サイパン暮らしを経て、本当にテレビを見なくなり、今住んでいるところにもテレビはありません。なので、入院中も見てません。


疲れるからとか、面白くないからとかそういうわけではないんですが、本を読む方が好きなんだと思います。


昨日読んだ本がとても良かったのでご紹介します。





川村元気さんの『世界から猫が消えたなら』という小説です。


あらすじは

ある30歳の郵便配達員の男の子のお話です。
母が遺した猫と一緒に平凡に生きてきたのですが急に脳腫瘍であることが分かります。

絶望する彼の前に現れた自分と同じ姿をした悪魔からある提案を受けます。

『この世界からひとつだけ何かを消す。その代わりに、あなたは一日の命を得ることができる』

男の子は生きるために何かを消しながらその都度、世界の変化と自分の過去や人生を考えさせられていきます。


家族や友達やいろんな日々のこと、自分のことを大切にしなきゃなーと思わせてくれる本でした。
人に薦めたくなる本のひとつです。

ネタバレになるので気に入った部分をひとつだけ紹介します。


彼は悪魔から一日の命と引き換えに『映画』を世界から消す事を持ちかけられます。

彼は『映画』を消す前に、死ぬ前に最後にどの映画を観るのか。
僕も映画好きなんであれこれ考えました。




写真で読めそうな方は読んでみてください。



++++++++++++++

自分なら余命何年とか何ヵ月とか言われたら何をするんだろうなんて考えてみました。


結論は「今は分からない」でした。
その時の自分のシチュエーション、自分の周囲の環境など様々な要因が絡むことなんでしょうね。


ただ、明日余命宣告されたら。。

お世話になった人たちを訪ね歩き、途中途中で寄り道して、知らない土地の人や自然や食べ物を知りたい。

そんな日本国内、そして世界への旅をしたいです。


ということで、死ぬまでにしたかった長年の夢のひとつである『世界一周の旅』は余命宣告されたら。。と言うことになりそうです。


ちなみにこの小説、来年映画化されるそうです。
内容的にも2時間くらいに収まりそうですし、佐藤健さん主演ということで、楽しみな一本になりそうです。


おはようございます


薄曇りの日曜日です。
膝の包帯が全て取れました。
内出血も収まってきて、脚が細くなってきました。

と共に痛みも引いてきて、車椅子への乗り降りなども楽になります。
そうすると、談話室に行って熱いお湯をゲットできます。


そう、これでようやくコーヒーが飲めるのです。




今は市販のドリップ式のものをマグカップに淹れてますが、お店の道具を持ってきてもらう予定です。
須藤珈琲の豆でコーヒー淹れて、談話室に配ろうかと考えたりしてます。



談話室に行き来するようになると病室で同室の方以外の人とも出会えます。
お年寄りの方が多いのですが、皆さん気さくにお話してくれます。


今朝、戦艦大和の乗組員だった方の娘さんから戦後のお話なども伺いました。
お父様の肩身の戦艦大和があしらわれた腕時計を大切そうに眺めながら、懐かしそうに話されていました。



その後、髪を洗いに、共用の洗面台に向かい、シャワーのついた洗面台で髪を洗い始めると、朝に少しお話ししたおじいさんがすっと僕の後ろに立ち、僕の髪を洗ってくれました。


その手捌きが物凄く手際よく、力加減もとてもいいので、自分でやるより遥かに気持ちいいんですが、聞くと、やっぱり?プロの理容師さんでした。


今は引退されているそうですが、以前は横浜で開業されていたそうで、大層賑わっていたそうです。


髪を洗うだけでも気持ちいいのに、プロの洗髪を受けられるなんて、いい一日になりそうです






こちらはライトアップされた紅葉。
病院から見える紅葉も随分散っちゃいました。
また来年ですね


おはようございます


今日はいいお天気です。
昨日は午前中が暴風雨で、どうなることやら。。なんて思っていましたが。
午後からは初夏のような暖かさだったみたいですね。


みたいですね。。ではなく、自分で体験したいものです。
歩けなくなってから、当たり前のように歩いていた事がいかに幸せだったことが分かります。


車椅子でトイレに入るのですが、もちろん車椅子用のトイレです。
今まで気づかなかった創意工夫を知ったり、手洗いの場所ひとつで、作業が大変になったりすることなど、車椅子で生活されている方の不便さ等も少しは分かるようになりました。


リハビリを経てまた歩けるようになっても、今感じてることは忘れないようにしたいと思います。





そんなこんなで、今はこの屈伸マシーン?ととっても優しく信頼感のある理学療法師の先生のリハビリで一歩ずつ前に進んでいます。


お店の家主さんが昨日、激励にお越しいただきました。
とっても嬉しかったです。
無理せず、でも早く退院してお店を再開したいです。


今日も頑張ります!





追伸、時間もあるので久しぶりに絵を描いてます。
落書きみたいなもんですが、色を作る楽しさはたまりません。
色鉛筆楽しいです


おはようございます


病院にいると朝も早く、時間もあるので
ブログはちょこちょこ書いていくつもりです。
術後3日ですが、寝たきり状態なので
オペした右足はもちろん動かせないのですが、
自由に動くはずの左足が動きにくくなってきました。


人間って毎日ちゃんと身体を動かしておかないと
退化していくんだなと改めて感じ、
左足の運動をベッドの上でやるようにしています。



右膝のリハビリも始まっていて、
早く復帰できるよう頑張ります!
現在休業中の腰越珈琲、新年1月4日に再開予定です。





腰越珈琲の店内には江ノ島電鉄(通称 江の電)の
絵を飾らせていただいています。





藤沢在住の画家の北氏の作品です。





偶然やっていた雑貨屋さんでの個展を見てから
連絡させていただき、腰越の新作をお願いしています。
完成までの間、お借りしているのですが、
まるで写真のような出来映えです





ひっそり北さんの作品のポストカードも販売しています。
江の電ものの書物もいつのまにか増えてきました。


腰越は江の電が唯一道路を走る区間ということで
たくさんの愛好家が訪れます。
よかったら、北氏の作品も是非ご覧いただければと思います。


腰越の新作ができたら、またご紹介しますね


こんにちは


術後2日たちました。
体の中に刺さっていた管がようやく全て抜けました。
膝はまだまだ激痛です。

リハビリは今日から本格的になるようで
ちょっと所ではなく、びびっています。





ポールがグアムから来ていたのですが、
その滞在二日目からは腰越に来てました。
江ノ島までぷらっと散歩がてら行ってきました。
都内よりもやっぱり落ち着くらしく、空が広いし
人も少なくていいねーなんてご機嫌でした。


名産品はなに?って聞くので
とりあえず、この辺じゃしらすだよって説明すると
そんな一口で大量の魚を殺生するなんて、
俺には食えないよ。。なんて言い出しました。




とはいえ、時期的に最後になる生しらすが
あったので、購入して食べてみたら、


なんだこれ、旨すぎるーって言って
僕には一口しかくれませんでした(笑)
喜んでもらえて何より




お昼に食べたなめろうの丼も絶賛でした。
日本は魚と野菜が本当に美味しいって何度も何度も言ってました。
それ、帰国時に僕も言ってたような(笑)





元サイパン在住チームと焼き鳥で飲み会したりもしました。
あの島で住んでいたって言うだけで、ビックリするくらい
すぐに仲良くなるから不思議です。





あと、久々にポールの作ってくれたご飯も食べました。
ウラシマのランチを担当していたポールの
パスタもグリルチキンもあの頃を思い出させてくれる
とっても美味しいものでした。


今ごろ札幌で凍えてなきゃいいけど、
まぁ何とかやってることでしょう。


こんばんは



入院生活2日目です。
午後に手術しました。


麻酔がまだ効いていて下半身の感覚がありませんが、元気です。
生まれて初めての経験ばかりでした。
明日からは激痛との闘いが待っているとか。


恐ろしいですが、頑張ります!


先日、グアムから友達が遊びに来ていました。
サイパンのカーサウラシマというレストランで
同僚だったポールです。彼はランチのシェフでした。


お互いに今はサイパンを離れていますが、
ずっと何かしらの連絡を取り合っていて
今回、入院前に日本に来てくれました。





成田空港にお迎えにいって、浅草を観光
さすが料理人、合羽橋の道具屋筋を熱心に回っていました。







浅草では食べ歩きを楽しみ、お寺に参拝し、
町を練り歩いては、飲み食いしながら過ごしました。




新宿も渋谷も六本木もあまり興味がないそうで
僕と同じだなーなんて思っていました。
田舎者には落ち着かない町ですもんね。




そして、スカイツリーにも興味なし。
僕もスカイツリーなら、断然東京タワーの方が好きです。
東京タワーは帰国してから初めて行きましたが
やっぱり、このオレンジがいいなと思いました。


久しぶりの英語オンリーの数日は
思っていた以上に忘れてなくて、心地よかったです。
まだ、耳が英語を欲している感じで、
入院中は英語で映画をいくつか見る予定です。


何よりリハビリ頑張ります


こんにちは


タイトルの通りです。
本日から、しばらくお店は休業となります。
理由は僕の手術のための入院です。


ということで、今病室から書いてます。
お店の再開は新年1月4日を予定しております。
それを目標に術後のリハビリに挑むつもりです。



ということで、昨日が本年最後の営業だったのですが、
たくさんの常連さんにお越しいただきました。
初めてお越しになったお客様よりも多かったように思います。


腰越珈琲というお店を初めて約8カ月。


自分の健康が原因で休業するとは思っても見ませんでしたが
たくさんのお客様から支援の言葉を頂き、
必要なお店だと思って頂けている事を感じられ
嬉しい気持ちで明日の手術にむかえます。


『ホントに落ち着く店だねー』
『お気に入りの店なんです』
『長く続いてもらいたいお店』
などなど、ひとつひとつのお言葉が嬉しすぎます


人間、必要とされる事は本当に嬉しいことですね。







写真はお客様が撮ってくれたものです。
ホットサンドは焼き方を変えたので、
具材はこれまでとは比較にならないほど充実していて
他のご飯メニューよりも人気が出始めています。


カレーもガパオも少しずつ改良を重ねています。





で、今日からの入院生活に向けて、昨夜の最後の贅沢

お客様御夫婦に頂きました。
お寿司やさんが作るイクラは味付けも何も最高です。

イクラ好きにはたまりません
ありがとうございました!



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2015 湘南腰越・珈琲日記, All rights reserved.