ADMIN TITLE LIST
こんにちは


気づけばもう2014年も終わりですね。



20141224_162643.jpg

最近は暖かい日もあるので近所をよく散歩しています。
先日もきれいな夕焼けを眺めて夕時を過ごしました。


大阪にいたときはなかなか広い夕焼け空を
見ることができなかったので、最近は夕焼け写真が増えてきました。
海のそばの暮らしはこういう良さがありますね。


日本に帰国してから既に数か月がたちましたが、
関東に越してきてからは約1か月。
少しづつ昔の友人たちにも会っています。


20141228_231448.jpg


サイパン時代の友人とも数年ぶりの再会をしていまして、
変わった部分や変わってない部分を語り合う
昔懐かしい話に花を咲かせる。


長いこと会っていなくても、再会すれば昔のように
笑いあえる友人は貴重な存在です。


20141212_200834.jpg


先日は福島に住んでいるサイパン生まれの友人が
東京浅草でライブをするというので行ってきました。


1419161405898.jpg


懐かしい元在住者たちに再会して同窓会のような雰囲気でした。


20141221_210111.jpg


サイパン在住時代にも彼のライブにも何度も行きましたし
カフェレミントン時代にはお店でライブもしてもらいました。
今回は福島の仲間との楽しいFUNK JAZZでした。
いつか福島にも行ってまたライブに参加したいです。



そして、昨夜は僕の社会人一年目の会社の忘年会に
呼んでいただき、昔の上司の方々や同期と再会しました。
10数年ぶりに会う方々ばかりでしたが、
皆さん僕のことを覚えていてくれていて、当時の話で盛り上がりました。


社会人一年目の時の上司の影響ってとても大きいですよね。
あの頃に仕事のスタンスや責任感など
多くの大切なことを学んだと記憶しています。


皆さんにも多くの部下や新入社員を抱えている方は
たくさんいらっしゃると思います。
上司の立居振舞や仕事っぷり。クレーム処理への態度や言動などなど。
言葉よりも態度や背中で指導する事ってとても大切なことだと思います。



僕の当時の上司たちは本当に素晴らしい人たちばかりで
昨日もたくさんの初心を思い出させてもらいました。
またいつか誰かの上司になるときには
今思っていることを忘れずに言動していきたいと思います。



そんな再会続きの毎日ですが、もうすぐ2015年。
来年はいいスタートを切れるように頑張りたいと思います。

みなさん、よいお年をー

スポンサーサイト

こんにちは


今日もそうですが、昨日もお天気が良く
少しポカポカ暖かい一日となりました。
本当にうれしいです。


暖かいってこんなに幸せを感じることなんだと
改めて思うほどその前の日は冷たい風が吹いていました。
海のそばなので海風はこの時期恐ろしい脅威です。


20141223_092458.jpg


昨日は朝から近所を散歩しました。
海沿いの国道134号線を江の島に向かって歩くと
海ではサーファーがたくさん。
暖かい日で祝日でしたので昨日は多かったです。
波はそれほどあるわけではなかったのですが、
みなさんとっても気持ちよさそうでした。

20141223_094416.jpg


犬を連れている人もたくさんでした。
この辺では都会ではあまり見られない?
大型犬や雑種なんかも見られます。
なんか雑種の子がかわいがられているのを見るのは
とてもうれしいです。

血統なんて関係ない。
愛されているワンちゃんたちはいい顔しています。


20141223_093511.jpg


江の島まで歩く途中で富士山が見えました。
昨日はくっきりでした。雪化粧がとってもきれいです。


20141223_093312.jpg


朝の散歩は天気さえよければ(寒くなければ)毎日行きたいほどです。




そして、夕方はまた違った顔を見せてくれました。


20141223_164232.jpg


サイパンにいた時に見たような
そんな素敵な夕焼けでした。


20141223_162541.jpg


空が広い


20141223_162831.jpg


海があって、自然がある


1419323366053.jpg


いい所に引っ越してこれたなと思うひと時でした。


20141223_190504.jpg


ちなみに夜は行きつけになりつつある近所のお店へ
しらすのかき揚げ丼でした。


こんばんは


寒い日が続いていますね。
これだけ寒くなってきていると、秋ごろに感じていた寒さは
確かに「まだまだこんなものじゃない」というレベルですね。
周囲のみんながあの頃「結構暖かい」って言っていたのが
今になってよくわかります。


人はいろんな事にちゃんと慣れるんですね。
その適応能力に感心します。


先日、近所の知人に温泉に連れて行ってもらいました。
住んでいる江の島方面から箱根湯本まで車で約40分。
こんな近くに温泉があるなんて本当にうれしい限りです。
厚木にも七沢温泉があるのでより近いところにもあります。


20141218_190641.jpg


秋には露天風呂で恐ろしく寒い経験をしたので
それを教訓にいきなり露天風呂に行かず、
しっかり室内で暖まった後に露天へ・・・なんて思っていましたが、
今回行った場所は外湯のみでして。


結局ブルブル震えてました。
最初は震えていても、最後には体の芯から暖まって
最高の気持ちになれますね。
温泉大好きです。



20141218_190707.jpg


箱根は今まだ紅葉がきれいでした。



20141205_215310.jpg


寒い冬はまだ生活に不安を感じてしまいますが、
お鍋がとっても美味しくて、たまりませんね。
もつ鍋はよく食べてます。
この辺は日本の冬の醍醐味ですね。



僕の住むそばにある腰越駅は江ノ電で江の島の隣の駅なんですが、
単線でとても小さな駅になります。
小さくてホッとするようなかわいい駅なんです。


20141220_174951.jpg


女性の駅員さんがいて、その方が作った手作りのポスターが
駅の色んな所に貼られています。


20141220_174930.jpg


こちらにも空気が澄んでいい景色とありました。


20141218_163107.jpg


確かに。
毎日のように素敵な景色を見られる素敵な海沿いの町です。
江の島方面にいらしたらぜひ足を運んでみてくださいね。



20141210_195020.jpg


そうそう。もうクリスマスですね。
10年ぶりの寒いクリスマス。
どうせならホワイトクリスマスになってくれれば・・・
なんて無謀なことを考えています。


こんばんは



こないだの寒さが気楽に感じるくらい寒くなってきました。
風がとにかく冷たすぎます。顔が耳が凍りそうです。
空気が澄んで気持ち良かったりするのかなぁなんて思ってましたが
そういうレベルではない寒さになっています。


それでも周りはみんな「まだまだこんなもんじゃない」
と僕を不安にさせてくれます(笑)




僕は読書が好きなんですが、どんどん読んでいくタイプで
読み終わった本の話を忘れることがよくあります。
ですので、気に入った本や話はあんまり覚えてなくても
いい本だったなと思った本は何度も読みます。


shumatu.png


今日はそんな何度も読んでいる小説をご紹介します。
伊坂幸太郎さんの作品で「終末のフール」という小説です。


伊坂さんは「ゴールデンスランバー」などが有名で
こちらは以前ご紹介した堺雅人さん主演の映画にもなっています。
長編小説もありますが、こちらの「終末のフール」は短編ものです。


8年後に小惑星が衝突し地球は滅亡する。
こんなハリウッド映画に出てきそうな設定が大前提となっています。
せまってくる小惑星から地球を守る!!みたいな小説ではありません。


地球が滅亡する事が予告されてから5年後。
つまり後3年で小惑星が接近して地球は滅亡する
そんな後3年の世界においての様々な人たちのストーリーです。


小説の中では当初の絶望やパニックが落ち着き
滅亡までのしばしの小康状態が続いています。
残り僅かになればまたそのパニックはやってくるのでしょうが
現在は落ち着いているという状態です。

その余命3年の世界で家族の再生や新しい生命への希望
過去の復讐等々、終末を前にした人たちの物語で
人間にとっての幸せとは?という大切なものがテーマとなっています。



各短編はどれも考えさせられますが
この小説には素敵な言葉、考えさせられる言葉が
たくさんちりばめられています。


その中でも気に入っている言葉は
ストーリーが始まる一番最初にある言葉


20141210_131109.jpg


Today is the first day of the rest of your life.
今日という日は残された日々の最初の一日。


というものです。
説明は特に必要ないかと思います。


毎日をこれまで以上に丁寧に大切に過ごすことの大切さを考えさせられます。
日本では、というか先進国では多く見られるのでしょうが
将来のために、何かを犠牲にしていたり自分を殺したり
将来が見えないからあきらめたりする風潮を感じます。


それが間違っているわけではないですし、
それが先進国日本の常識だったりするんでしょう。
年金も心配だし、貯金しておかないと老後が心配だし
子供が大学に行くときのためにお金を貯めていたり。
それはどこにいても聞く話ですし、否定するつもりはありません。


ただ、だからって今を大切にしない理由にはならないですよね。
きっと誰しも分かっていることなんですが、日々の中で
ないがしろにしてしまっていたりする事でもあります。



20141205_165947.jpg


僕のサイパン時代の友人がこの秋に亡くなりました。
いい奴で優秀なホテルマンで、友達に愛されていた
人に恵まれていた親友の1人です。
まだ30代でした。


彼はいつも「いつかホテルのゼネラルマネージャーになって、
自分の思い描く最高のホテルを作りたい。その為に出世する」
って言っていました。
もちろん、サイパンからグアムに移り、しっかり出世していました。
仕事も充実していたようでした。


それでも今はこの世界にいません。


彼は今を大切に生きていたはずだし、
毎日を一所懸命生きていました。


それでも誰も予想していなかった事が起こり
今、この世界にはいません。


今を本気で生きること、このひとときを大切に過ごすこと。
当たり前のことですが、毎日意識していきたいです。


Today is the first day of the rest of my life.
忘れないように生きていきましょうね。



追伸:

20141216_001950.jpg

鎌倉に来てご近所さんに犬がたくさんいます。
こちらはHappyちゃん。かわいいです。

DSCN1300.jpg


そして、5歳を迎えたうちのウサギ。
今は大阪の両親のもとにいますが、
誕生日をしっかり祝ってもらっていました。

DSCN1303.jpg


ウサギとの再会も待ち遠しいです。


こんばんは


中々更新できませんでした。
ようやくインターネットが開通しましたので
ブログを再開しようと思います。



大阪を出て、新しく神奈川県鎌倉市で住み始めました。
鎌倉市ではあるんですが、すぐ藤沢市になる場所で
ヨット、ウィンドサーフィンや磯釣りなどで有名な江の島の近くです。
江の島は1964年の東京オリンピックではヨットの競技場としても活躍したそうです。

日本百景にも選ばれる神奈川県随一の景勝地で、
一年中たくさんの人が訪れる観光地でもあります。



2.jpg

路面電車であり、海を眼下に海岸線を走る江ノ電も有名です。




1a.jpg

僕が住み始めた町は江の島から、その江ノ電で一駅の腰越という町です。
海のそばで漁港があり、たくさんの磯料理屋さんがあります。


20141202_194036.jpg


しらすが人気ですが、近海の魚はとても美味しいです。


20141128_213451.jpg


こっちに来て、魚を食べる確率が異常に高くなりました。
地元の食べ物が美味しいだけで幸せです。

江の島はビーチがあり、マリンスポーツも盛んです。
もちろんサーフィンもできます。
今は冬なので、どうしても海に入る勇気が出ず、
秋に少しだけしたんですが、僕でもやっていけそうな海です。


20141027_171816.jpg


高い建物がないので、空が広いのはとても気持ちいいです。
空が広いので夕日がきれいです。
焼けるときは空が真っ赤になります。


20141127_133301.jpg


天気がいいと富士山も見れます。


そんな場所で新しい生活始まりました。




DSCN1253.jpg


P.S.ブログのタイトル変えました。
  そして、うちのうさぎが5歳の誕生日を迎えました。
  まだまだ生きてもらいたいものです。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 湘南腰越・珈琲日記, All rights reserved.