ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

おはようございます。


サイパンは快晴に戻っています。
雲も少なくなり、真夏の日差しが戻ってきました。


カーサウラシマのカフェである
「CAFE@CASA」ですが、デザートがうまいです。
仕事前に最近お気に入りのホンジュラス産豆のコーヒーと
デザートで一息つくことも多いです。


DSCF4325.jpg


昨日はレアチーズにマンゴームースが乗った
こちらの新しいデザートをいただきました。
マンゴージャムと選べるとのことでしたが
ムースのバージョンはとっても美味しかったです。


お時間ある方はぜひ試してもらいたい一品です。



さて、パラオの事を少し。

パラオとサイパンは同じ南国の島ということでは共通点もありますが、
やっぱり似ていないところも多いです。

パラオに行って感じた似ている事似ていない事は
何だろうと思って、写真を見ながら書いてみます。


ダイビングもしたんですが、海については
以前こういう風に感じていました。


DSCF0932.jpg


それ以外では移動の間に見えるこういう海は
サイパンと似ているところではないでしょうか。

DSCF0959.jpg


休憩時間に立ち寄った無人島では潮が引くため
こんな浅く広いビーチが現れます。
マニャガハみたい・・と思えば
魚がいない・・・と似ていないようにも思えました。



倒れている木


DSCF0993.jpg


サイズが全然違いました。


DSCF1164.jpg


こういうのもサイパンではなかなか見ません。


DSCF1169.jpg


30超えた大の大人が2人とも童心に戻っていました。


DSCF1178.jpg


フレームツリーは何本か木を見かけましたが
花の数というか規模が全然違いました。
サイパンのフレームツリーは本当に真っ赤ですが
パラオのそれは、花が少ないので緑にちらほら赤。
という感じでした。



DSCF1182.jpg


見かけた集会場
こんな大きな木の下にあるので涼しいんでしょうね。
木を切り倒さず利用する所は素晴らしいですね。


DSCF1243.jpg


スーパーで普通にラップにくるんで冷凍で売られている
「フルーツバット」というコウモリ。
スープにして料理するそうですが
サイパンでは違法ですので販売されていません。


DSCF0756.jpg


友達のビーチハウスの近所で見つけた海がめの骨。
お肉はローカルの人達が、甲羅はそのワンちゃんたちが食べたそうです。
海がめもサイパンでは違法なので食べられません。


DSCF0757.jpg


こういう船が使われているのもサイパンでは
まず見ないですね。


DSCF0758.jpg


そして、このビーチハウス。
こんな家をレンタルできる環境もサイパンではなかなかないです。
このビーチハウスは憧れます。羨ましい・・・。


サイパンよりも田舎の島ですが味のある景色や物が多いです。

スポンサーサイト

こんばんは

サイパンは雲が多く、雨も降り
お天気はいい感じではありません。


DSCF4233.jpg


ここ数日は南部のホテルでのんびりランチをしたり


DSCF4272.jpg

友人夫婦に誘われてBBQランチをしたりしてました。


DSCF4270.jpg

レッドライスは大好きなんですが
ここのファミリーのものも美味しかったです。

DSCF4267.jpg


そして、このスペアリブの塊・・・
これは僕らのBBQではやりません。
さすがローカルという感じです(笑)



さて、パラオのバケーションの話を少し



DSCF0714.jpg


サイパンからパラオに行くには
グアム経由が一番早いんですが、
グアムの空港に貼ってあったポスターは
さすがグアムといった感じで素敵なものでした。


そのままグアムで乗り継いで、パラオに2時間ほどで到着。

DSCF0723.jpg


パラオの空港は・・・
さすがの絵画でした。
さすが島国。この感じはたまらないです。


パラオには「バイ」と呼ばれる伝統的建築があります。

ネットで調べてみますと
*「バイ」とはパラオ語で集会場という意味だ。
*草葺きの切妻型の三角屋根のハウスで高床式になっている。
*大きいもので高さ12メートル、玄関正面 幅が6メートル、
*奥行きが20メートルもある。
*正面の屋根下の三角形の壁面 には象形文字風の模様が彫ってある。
とのことです。


DSCF0816.jpg


友人夫婦と共に実際のバイを見に行ったんですが、
緩やかな坂を上って、坂の上まで歩いていきます。

DSCF0819.jpg

その道がとにかく大自然。樹木は超巨大で、

DSCF1131.jpg


古代パラオ人が作ったといわれる石畳も苔でびっしり。


密林のような道をどんどん進んでいきます。

DSCF0843.jpg


その先にそびえるバイはこちら。
巨大で立派な建築物でした。


DSCF0846.jpg


中も外もびっしり象形文字や絵で埋められています。
各州、各村には必ずと言っていいほどあるようなんですが
そこに書かれているものも各地の伝説などが描かれているようです。


パラオの公共の建物や教会などなど
ほとんどのものがこの「バイ」をモチーフにして
作られているようです。


いたるところで見受けられるこの建物

DSCF0812.jpg


コロール州の車のナンバープレートも

DSCF1049.jpg


空港も「バイ」でした。


サイパンで言う所の「ラッテストーン」のようなものですね。


こんにちは


DSCF4206.jpg


サイパンは快晴に向かっております。
まだ雲はありますが、日差しも強い晴れた一日ですね。


カーサウラシマでの仕事も2週間が過ぎ
慣れた部分とまだまだな部分があります。
新しい仕事を始める時というのはいつもこんな感じで
手探りでやっています。


僕の性格的にはまずはその新しい場所の「らしさ」を
知ることから始めることが多く、自分らしさは後付けです。

これからゆっくりやっていこうと思います。


DSCF4173.jpg


昨夜は日本からおいしいお土産をもらいまして
ベランダでBBQを。
やっぱり日本の食材は素晴らしいですね。
ほんとにこんなおいしいものが存在するのかと
大げさになってしまうほど美味しかったです。



そして、今さら?と言われてしまいそうですが
バケーションでのパラオの事を。
こうやって、ふいに書いていこうと思ってます。


パラオで食べた食事の中で印象深く
もちろんとっても美味しかったのは「マングローブ蟹」です。


DSCF0907.jpg


通常はストアなどでこうやって
売っているそうなんですが、



DSCF1202.jpg


今回はファームに行って直接購入することに。
こちら「NABEYAMA FARM」さんです。
ナベヤマヒロミさんと言う見た目も中身も完全にパラオ人の
方がやっているファームです。

ファームではなぜかファーム見学もさせてもらいました。


DSCF1208.jpg


DSCF1214.jpg


マングローブの木の根っこや泥のなかで生息する蟹。


その環境をファームでは作り出しており、
蟹の大きさによってエリアを区切っていました。


DSCF1221.jpg


量り売りで購入しましたが、



DSCF1225.jpg


こんなサイズです!!


DSCF1257.jpg


シンプルに焼いて食う。
これだけで絶品の味でした!


パラオに行かれる方はぜひマングローブ蟹を。




DSCF4190.jpg


追伸
 うさぎも元気にしています。 
 人懐っこくなり、みんなに可愛がられて幸せそうです。


こんにちは

サイパンは今日も快晴です。
お天気は相変わらず絶好調です。
フレームツリーアートフェスティバルが
今年も開催されております。

僕も明日は休みなので行ってこようと思います。


今日はカーサウラシマは予約がたくさんありますので
忙しい一日なりそうです。


カーサでの事は落ち着いたら書き始めようと思います。
まずはバケーションのパラオの話を。


僕は知っている人はご存じでしょうけど
犬が大好きです。
パラオでもたくさんの犬たちに出会いました。


DSCF0773.jpg


今日はそんなパラオの犬たちを。



パラオはとてもゆっくりした島です。
島ですと言うか島々と言うべきですかね。


P6160156.jpg


パラオ人はサイパンに住んでいる僕から見ても
とってもゆっくり生きているように感じます。


DSCF1174.jpg


そして、サイパンにいるローカルと違って
とってもシャイなように感じました。
でも、とても優しい人たちなんでしょうね。
優しさなんかももちろん感じました。


DSCF1715.jpg


パラオの犬たちも、パラオ人に似ていて
とってもシャイです。

でも、僕みたいに普段、町や集落に歩いていないような
人種・人間が来ると興味津津なようで寄ってきます。


DSCF1743.jpg


初めはある程度から先へは近づいてこないですが
こちらが心を開けるといつのまにか仲良くなっています。


DSCF1194.jpg


そして、サイパンの犬と比べると体
がしっかりしているように感じます。


DSCF1614.jpg


どの子もみんな暑い中笑顔でした。


DSCF0778.jpg


ぐったり寝てる子も多かったですけどね。


DSCF1622.jpg


サイパンのように車がスピード出して走っていないので
平和で自由に暮らしているんでしょうね。
また彼らにも会いに行きたいです。


お久しぶりです

サイパンのお天気は絶好調。
快晴続きです。

僕は6日の月曜日からCASA URASHIMAにて
仕事を始めております。
まだまだ慣れない部分も多いですが楽しんでいます。



DSCF3773.jpg

バケーションからサイパンに戻ったのもつかの間
パラオでお世話になりまくった友人夫婦が
サイパンにて結婚式をあげるということで
その前後も含めて出かけっぱなしだったように思います。

その間、ブログもそうですが
メールなどのご連絡も随分滞っていて
ご迷惑をかけた方もたくさんいらっしゃると思います。
まずは1つづつ返事を書いていっておりますので
今しばらくお待ちください。



IMG_0533.jpg

パラオからやってきた友人夫婦は
両家も集まる結婚式、結婚披露宴はもとより
僕らが勝手に企画した様々なイベントを


IMG_0560.jpg


最高の笑顔と時々の涙で参加、楽しんでくれたようです。
水中結婚式もやったんですが、その模様はこちらのブログ

僕は僕で披露宴のスピーチを頼まれ、
苦手ながらなんとかこなしてきました。


スピーチって今までもしてきましたが
年なのか・・・新郎新婦への思い入れが強いのか
それとも他の何か理由があるのかわかりませんが
話してる僕が一番泣きそうになっていました。

人は変わるもんですね。



そんな2人も昨日サイパンを離れ
今頃パラオに戻っていることでしょう。

DSCF0859.jpg


パラオでは2人の家に滞在させてもらったんですが
毎朝とまではいきませんが、かなりの頻度で
サーフィンにいきました。


DSCF1697.jpg


僕は昔少しサーフィンをかじっていましたが
もう10年くらいまともにやっていません。


P5160109.jpg


なのでほんとにつらい修行な様な時も
いっぱいあったんですが、
波をつかまえ、乗った景色は言葉にできません。

DSCF0878.jpg


朝早起き、夜早寝。
ご飯が毎食すんごいおいしい。
とってもシンプルな暮らしでした。


パラオ=サーフィン
僕の中での新しいイメージでした。


こんばんは


書く書くと言いながら書けていませんでした。
なんとか写真をGetしたので書きはじめます。


パラオの1週間はとにかくアクティブで
とにかく感動的で、癒しで。
どこから書き始めていいか実はよくわかっていません。



サイパンに在住している以上、
島国の海や山やジャングルや人など。
日本からパラオに遊びに行く人よりは慣れた部分もあり、
また、サイパン在住ならではの感じ方が
たくさんあったように思います。



どう書いていいかわからないので
とにかく感じた印象から書き始めることにします。



パラオ共和国というのはたくさんの島々が
大きなラグーン(環礁)に囲まれた南の島です。



僕は元サイパン在住の友人とその奥さんの家に
1週間も無遠慮に滞在させていただいたんですが、
2人ともとっても仲良く、そしてアクティブ。


palau.jpg

毎日毎日たくさん一緒に遊んでくれました。



palau (1)


サイパン以上に自然は豊かというか壮大で
下手したら軽くジャングルに入る・・・なんてことは
命に関わるのではと感じてしまうほどの大自然。
大自然は海や山だけではなく、空や星やスコールや
それこそ生き物なんかもサイパンとは違うものでした。



palau (5)


違うから良い。とか違うから悪い。とか
そういう事を言うつもりはなく、
素直に別物の島(国)だと思います。


でも、流れる時間はやっぱりスローで
ぎらぎらした太陽はとんでもない日焼けを巻き起こします。
満月前後の大潮の影響もあり、干潮満潮の差も激しく
その景色は数時間で様変わりするほどでした。



僕の滞在の多くは海での遊びが多かったんですが
今回は自分の中でもメインにおいていた
サーフィンを満喫してきました。



palau (4)

2日に1度、時に一日2度。
バベルダオブ島の海でサーフィンを楽しみました。
下手くそなんで波にのまれまくりの前半と
少しづつ慣れてきてた中間
透明の海で波を感じる後半。

とにかく最も楽しかった事の1つはサーフィンでした。


サーフポイントにイルカが現れたり
サンセット中に大きな大きな虹がかかったり


そんな毎日でした。


palau (3)


身体は毎日へとへと。
ご飯はありえないくらいおいしい。
寝るのはサイパンでは考えられない早寝。


でも、充実度は言葉にはできないものでした。



palau (2)


あぁ・・・こういうのをプライスレスって言うんだなと
強く感じた毎日でした。



まとまらないのでまた次回に続きます。
ブログ書くことから離れるとうまく書けないものですね(笑)
次回は読みやすくしたいものです。



おはようございます。


サイパン本日は雲が多い一日ですね。
午後には晴れてもらいたいものですが
暑くなりすぎないので過ごしやすい一日かもしれません。


サンセットビーチBBQは女性のお客様、団体のお客様と
多少2極化してきたようにも思えます。
社員旅行や部署旅行など10名様から50名様くらいまでの
中、小グループのお客様は盛り上がりやすく
たくさんお酒を飲みながら、幸せそうにされています。


ビールの注ぎあいなんかも見られるのですが
何か日本を思い出してちょっと嬉しかったりしています。
上司と部下がお互いスーツを脱いで、アロハやTシャツを着て
気兼ねなくお酒を飲んで笑いあっている姿は
社会においてとても健康的ですね。


さて、バケーション中の事を毎回書いていますが
そろそろネタも少なくなってきました。


パラオという国はサイパンといろんな面で
似ている部分と違う部分が存在します。


CIMG6067.jpg

パラオではトレッキングも楽しみました。
サイパンの禁断の島ツアーくらいの距離を
トレッキングして、滝を目指しました。


CIMG6061.jpg


途中には日本時代にリン鉱石等を運んでいた
トロッコの線路跡なども見られます。
サイパンの鉄道はさとうきびを運搬していましたが
パラオは鉱石が採掘できたそうです。
島の違いがここにも現れます。

CIMG6063.jpg

約30年間使われ続けていた線路は
今でもすぐに使えそうなくらいしっかりしたものでした。


CIMG6072.jpg

その後、川を超え、沼地を抜け、



CIMG6071.jpg

また川を超え
ジャングルを突き進んだ先に、
大きな大きな滝がありました。


CIMG6073.jpg


大陸と呼ばれるエリアには壮大な景色が広がるのでしょうか
サイパンなんかはそこまで大きな景色を見ることは
なかなか難しいです。島のサイズからして小さいですので。


CIMG6075.jpg

このパラオのガラツマオの滝は久しぶりに見る
大きな大きな自然でした。
前の日に雨量が多かったため、水量もあり


CIMG6081.jpg

落ちてくる水の音や、水蒸気が作り出すミストなど
自然が作り出す神秘的な雰囲気には驚かされます。


CIMG6080.jpg


滝の裏側にはびっしりと元気な苔が育っていました。
自然がほんとうに元気で、原生林というジャングルになるんでしょう。


宮崎駿の世界観とでもいいましょうか。
一度は参加して見て聞いて感じて欲しい滝でした。



パラオはサイパンに比べて雨が多いそうです。
雨量も多いのですが、雨の日が多いようです。
植物たちは十二分の雨量によって、サイパンのそれよりも
より大自然であるように思えました。


CIMG5910.jpg

ロックアイランドと呼ばれる無人島エリアなども
海沿いギリギリまで植物が育っています。
これなんかも雨量が十分であるからここまで育つんだろうなと思います。


本物の自然が溢れるパラオですが
その分遊ぶには結構気合を入れていかないと
大変なのかもしれません。


サイパンはお手軽に訪れることもできますが
お手軽に島の自然を楽しむことができるんだろうなと
パラオの大自然を見て感じることが出来ました。





IMG_9757.jpg

昨日はひさしぶりに知人の家にお邪魔しました。
久しぶりにあう愛犬はちゃんと歳を取っていましたが
変わらず元気な姿を見せてくれました。



IMG_9758.jpg

そして、家のアパートにもクリスマスツリーが。
12月ですねぇ。


おはようございます。

サイパンは本日も快晴!
バケーションから戻ってきて随分たちますが
なんか身体はまだ不安定な状態な感じです。
温度調節機能が調子悪いような・・・



今日はパラオで出会ったワンちゃんたちの写真が
ありましたので、動物の事でも。



グアムではまず野良犬というか首輪のない犬をほとんど
見ませんでした。(って当たり前なんですかね?)
グアムの南部の方をドライブしたんですが、
南部の集落では野良犬というか野良飼いされた犬たちを見ました。

ホテルがある街のエリアでは見なかったように思います。
車の数も違いますから当然なのかもしれません。


パラオで出会った犬たちは


CIMG5920a.jpg

ダイビングショップの看板犬だったり、

CIMG6086.jpg

ローカルランドリーの店先でいた臆病な犬だったり


CIMG6092.jpg

レストランの駐車場にいた優しい犬だったりしましたが
どの子もおとなしい印象を受けました。


在住者の友人が言うには
近所にたくさんの犬がいて、追いかけてくる。そうなので
一概に決め付けることはできないんですが
シャイで臆病な犬たちが多く、それはサイパンのそれと
とても近いものを感じました。

CIMG5984.jpg

グアムも含めて考えると
気候というよりは、飼い主や飼い方も含めた環境の違いで
犬も少しづつ違うように見えるのかなと思いました。


ちなみにパラオで僕が出会った子たちは
結構体がしっかりしていて、サイパン犬とは
ちょっと撫で心地が違ったような・・・




今朝は家探しの続きを・・・
ついでにSDRのGoさんとAtsukoさん の家で
新しい家族のチョコと会ってきました。


IMG_9752_20101202134641.jpg

サイパン雑種もかわいい顔してます。



IMG_9750_20101202134607.jpg

たくさんの愛情で育てられていくんでしょうね。
人間を含む全ての動物たちに最も必要なものは
愛情ですよね。







犬と遊ぶと昔飼っていた子を思い出し、
犬もまた飼いたいなって思うんですが、僕にはうさぎがいますしね。

昨日、お客様に「ブログ見てます。うさぎかわいいですね」と
褒めていただいたモコは・・・



IMG_9740.jpg

いつものベランダの際で
ゆっくりしていました。
(窓のそばは風が抜けて涼しいらしいです)


おはようございます


サイパンは本日も快晴です。
僕は体調を崩してしまいましたが
もう大丈夫です。

今週はこのまま休み返上で頑張ろうと思っています。
休んでしまった分迷惑かけていますからね。


+++

ということでバケーションの内容を
ココ最近は書き連ねていますが、
そろそろパラオの事について書いていこうかと思います。


今日はまずパラオの海について



CIMG5830.jpg

今回はダイビングがボートで3本潜ったくらいなので
何を語るというほどの事でもないのですが、
自分の中でパラオの海はこれだって思ったのは



サイパンとは別物の海だと言う事でした。



CIMG5855.jpg

サイパンの海は透明度が非常に高く、
澄んだ水のおかげで、海の中での抜けはものすごく
光なども強く入ってくる印象です。
インリーフやビーチポイントなども多く、
初心者でも十二分に楽しめる海だと感じました。


CIMG5872.jpg

パラオの海は大量のプランクトンが海中に含まれていて
水はそれほど抜けがなく、青いのは青いのですが
サイパンの海を見慣れている僕には透明度が高い!とまで
思えませんでした。


ただ、プランクトンのおかげで海中の魚影の濃さ(魚の多さ)は
サイパンの比じゃありませんでした。
その魚は本物の大自然です。

同じ魚を比べてもパラオの魚の方が丸々としていました。
その丸々とした群れにサメや大型魚が狙って周囲をぐるぐる・・・
時に狙いに行く姿なども見れ、さながらNHKのプラネットアースを
見ているかのようです・・・


それくらいサイパンとパラオの海は違います。

僕の中の結論としては、比べるのが間違っている・・・でした。



CIMG5904.jpg

透明度が高い海でサイパンと比べる海があれば
それが比較対象になりますが、パラオのそれは
まったくそういう印象を受けません。

魚影が濃い海でパラオと比べられる海が
サイパンだとは思えないのと同じです。


その海が持つ魅力が全然違うんだなと思いました。



とここまで書いて、写真がないので
イメージが全然わかないかもしれません・・・


ちょっとネットから1枚拝借。
僕が見た海はこんな感じでした・・・


51RDGJJ9GFL.jpg

1つはDVDのジャケットになった写真


_1_~1

もう1つはパラオのダイビングショップ DayDreamさんの写真です。
使わせていただいたのでショップ名くらいは
最低でも書かせてもらいます。


こんなすごい海でした。


サイパンにはない海ですが
パラオにはサイパンのような海はありませんでした。
比べても仕方ない・・・という典型的な2つになりました。


伝わりましたかね・・・
他の写真はボートの上から撮ったものですが、
早朝ダイビングでしたので朝焼けがとってもきれいでした。



追伸


IMG_9732.jpg

 モコとはここ数日ゆっくり過ごしました。
 バケーション中に食べ物をいっぱいもらって
 また太ってきましたけど、健康なのでOKですね。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 湘南腰越・珈琲日記, All rights reserved.